본문 바로가기 주메뉴 바로가기


军浦市简介

军浦市简介 军浦市简介
인쇄하기

軍浦の歴史と紹介

統一新羅時代に?津郡と呼ばれていた軍浦市は、1895年には果川郡南面に属していたが、1914年に始興郡に編入され、始興郡南面と呼ばれるようになった。1979年5月1日に軍浦邑に昇格し、その後10年間、飛躍的な成長を重ねて1989年1月1日に軍浦市へと昇格した。

地域の特性

ソウル市と水原市の中間地点に位置する軍浦市は、首都ソウルと同一の生活群に属し、首都圏の発展とともに人口が急激に増加している。これにより社会経済的な構造が急速な変化を見せている。特に、大規模な山本地区の宅地開発事業の完了とともに都市としての姿を備え、首都圏背後の拠点都市として市政の各分野において急速な伸びを見せている。

土地および気候

軍浦市は東經126度、北緯37度の韓半島中心部に位置しており、総面積は36.38K㎡で氣候は大陸の影響を受けているが海岸が近いので海洋性氣候の性格も帯びている。1月の平均氣?は-3.2℃、8月の平均氣?は26℃で、年平均降水量は1,284mmである。

軍浦市の成長と変遷

産業の高度成長が続く過程において急速な都市化による各種の都市問題が発生した。特に、住宅問題が大きな社会問題として台頭したことで、政府はソウル近隣の軍浦、城南、安養、冨川、高陽など5地域に新都市建設を推進することになった。1989年2月建設省告示第70号により軍浦市山本洞、衿井洞、堂洞一帯を軍浦山本宅地豫定地區に指定し、4,225,000㎡の面積に大規模住?團地が造成されることになった。市昇格初期は20.70?で、全国でも最も小さい面積を保有していたが、1994,12,24に華城郡半月面大夜味里、速達里、渡馬橋里、屯垈里15.68?が軍浦市に編入されることで36.38?へと市勢が大きく拡張し、1995年1月山本新都市開発が完了することで27万の人口を持つ首都圏の中核都市として成長した。

담당자 정보

담당자 정보

  • 담당부서
  • 담당자
  • 전화번호

콘텐츠 만족도 조사

이 페이지에서 제공하는 정보에 대하여 어느 정도 만족하셨습니까?

만족도 조사