본문 바로가기 주메뉴 바로가기


?浦的?展?程

?浦市?介 ?浦的?展?程
인쇄하기

三国・統一新羅時代

  • 475年 (高句麗時代): 木郡
  • 757年 (統一新羅時代): 津郡
  • 940年 (高麗時代): 果州郡

高麗・朝鮮時代

  • 940年 (高麗時代): 果州郡
  • 1413年 (朝鮮時代): 果川縣

近・現代

  • 1895年 5月 果川郡南面
  • 1914年 3月 1日 始興郡南面
  • 1979年 5月 1日 始興郡軍浦邑
  • 1989年 1月 1日 軍浦市昇格
  • 1994年12月26日 華城郡半月面4里(屯垈・速達・大夜味・渡馬橋)編入

軍浦市は,

軍浦市は1914年3月1日始興郡南面となった以後、日帝時代を経て建国後も行政區域の變動や名稱に関する變更がなかったが、1979年4月7日大統領令第9409號(1979. 4. 7. 公布)により同年5月1日始興郡南面が始興郡軍浦邑に昇格した。
その後、行政の需要も日に日に増加したことにより、これに対する効率的な地域管理のために政府では法律第4050號(1988.12.31.公布)により1989年1月1日始興郡を分離して軍浦邑を軍浦市に昇格した。

また、管轄する洞としては、軍浦市洞の名称および管轄區域に関する條例第22號(1989. 1. 1. 公布)により軍浦市堂洞、堂井洞 、富谷洞 、山本洞 、衿井洞 などの5洞を管轄するようになった。また、下部機關としては軍浦市行政運營洞の設置および洞長定數に関する條例23號(1989. 1. 1. 公布)により堂洞の一部を軍浦1洞に、堂洞の一部と富谷洞を合わせて軍浦2洞に、堂井洞を堂井洞に、山本洞を分割して山本1洞と山本2洞に、衿井洞を衿井洞として6つの行政洞を設置した。

その後、新都市建設により山本洞と衿井洞一部地域が?地開發地區に指定され、住?建設に伴う転入者の増加で行政需要が増加したことにより、これに效?的に対処するために条例第281号(1992. 4. 28. 公布)により1992年5月1日衿井洞を分洞し、行政洞である齋宮洞を設置した。これにより行政洞は7洞となった。また、条例第295号(1993. 1. 6. 公布)により1992年12月 2日に市廳舍を堂洞から衿井洞844番地の現廳舍に移轉し現在に至っている。

その後、条例第298号(1993. 1. 14. 公布)により齋宮洞を分洞し、1993年1月14日に五禁洞が新設され、行政洞は8洞となった。
条例第308号(1993. 6. 8. 公布)により山本2洞を分割し、1993年6月8日に修理洞を新設することにより行政洞は9洞となった。
また、1年後に条例第347号(1994. 7. 19. 公布)により修理洞を分割して1994年7月19日に宮?洞を新設し、行政洞は10洞となった。
市への昇格後、法定洞に変動はなかったが、大統領令第14,434號(1994. 12. 26. 公布)による行政區域の一部調停で、華城郡半月面屯垈里、速達里、大夜味里、渡馬橋里などの4つの里が軍浦市に編入され、条例第363号(1994. 12. 29. 公布)によって軍浦市屯垈洞、速達洞、大夜味洞、渡馬橋洞などの4つの法定洞が增設されて計9洞となり、条例第364号(1994. 12. 29. 公布)により4洞の行政を遂行する行政洞として大夜味洞が設置された。これにより行政洞は11洞へと増加した。
その後転入者の増加により洞行政を遂行するのが困難な山本2洞が条例第381号(1995. 2. 28. 公布)により1995年2月28日に分割、光亭洞が新設され、1999年に堂井洞が軍浦1洞に統合されて現在は11の行政洞となって現在に至っている。

담당자 정보

담당자 정보

  • 담당부서
  • 담당자
  • 전화번호

콘텐츠 만족도 조사

이 페이지에서 제공하는 정보에 대하여 어느 정도 만족하셨습니까?

만족도 조사