본문 바로가기 주메뉴 바로가기


何??文?

????? 何??文?
인쇄하기
ハングルについて
ハングルの起源である「訓民正音」は、次のような原則によって作られ、この2つの原則は、ハングルの優秀性をはっきりと示している。
  • ハングルの創製者は発音器官と空、土地、人の3つの素材の模様から文字の形を作った。
  • 残りの文字はハングルの体系的な特性を生かすために、多数の基本的な文字に基づいて作った。

ハングルの構成

ハングルは音素文字体系として、子音と母音の文字で構成されている。ローマ字のような一般的な音素文字体系とは異なり、ハングルは子音と母音を音節単位で組み合わせるよう独特に考案された。これらの理由で、音節文字体系との類似性があると言える。

ハングルの現在の正書法体系は1933年に朝鮮語学会が制定したハングル正書法統一案に基づいている。これは1988年に一部改正されたが、基本的な特性は、ほぼそのまま残っている。ハングルは子音と母音で構成されている。ハングルは音素文字であるが、文字は音節単位で独特な構成をしている。

たとえば、「꿀벌(蜂)」という言葉は、「ㄲㅜㄹㅂㅓㄹ」ではない「꿀벌(蜂)」と表記されている。文字のような音節は初声、中声、終声の3つの状態に分けられる。 19種類の子音文字のいずれも初声になりえる。 19種類の文字のうち、「ㅇ」は音がない。例えば、「우유(牛乳)」のような場合には、二つの「ㅇ」は「우」と「유」で何の音も出さないまま、ただスペースだけ占めている。 21個の母音字のいずれも中声 になりえる。16個の単子音と11個の二重子音のうち一つを終声の場所に置くことができる。

담당자 정보

담당자 정보

  • 담당부서
  • 담당자
  • 전화번호

콘텐츠 만족도 조사

이 페이지에서 제공하는 정보에 대하여 어느 정도 만족하셨습니까?

만족도 조사